節分の豆まきの由来、作法と正しいやり方について

2020年10月5日

節分の豆まきの由来、作法と、正しいやり方などについてお話します。

■豆まきの由来

豆まきの由来について、分かりやすく説明いたします。

節分の日に豆をまく理由について、理解できます。

節分は春を迎える立春の前日です。

『季節の分かれ目』という意味があるんです。

古来は、冬から春になるのを新たな1年と捉えていました。

現在で言うところの『大晦日』のような意味合いがあったんです。

■豆まきの作法とは

節分の日にまく豆は、炒ったものでなければなりません。

その理由は、生の豆を使うと、拾い忘れた豆から芽が出てしまい
演技が良くないからです。

豆は『魔の目』とも、言います。

炒るは『射る』とも、読めます。

だから、文字通り魔の目を射るのが、豆まきなのです。

家族で豆まきをする時には、家長である父親は豆をまき鬼を払う立場にあります。

豆を撒く人は、歳男でもよいとされています。

■豆まきの正しいやり方

鬼を家から追い出すイメージで、『鬼は外』で部屋から玄関の方へ豆を投げて
『福は内』で、部屋の中に豆を投げます。

この手順を部屋の奥から玄関まで、順番に行います。

豆まきが終わってから、撒いた豆、落花生を、自分の年齢より1個多く食べます。

1個多く食べることには『新年の厄払い』の、意味があるんです。

■豆まきの時間と、用意するもの

豆まきを行う時間は、邪気が生じる夜が正しいです。

以下のものを用意します。

・お面
・福豆(炒り豆)または落花生

■まとめ

節分の豆まきの由来、作法と、正しいやり方、時間、用意するものについて
お話しました。